投稿日:2023年11月17日

歯科医院で将来必要な設備投資とは何?

こんにちは!
埼玉県吉川市に事務所を構え、関東地方エリアで歯科器具や設備の販売・施工を行っているJMS株式会社と申します。
今回は、歯科医院で将来必要な設備投資とは何かについてご紹介したいと思います。

患者とスタッフの安全確保への投資

パソコン持っている女性、指を1
歯科医院では、患者さんの治療に使用する歯科器具や歯科機材を毎日清掃・消毒する必要があります。
しかし、この作業はスタッフの負担になるだけでなく、水道代や洗剤代などの経費もかかるでしょう。
また、歯科器具や器材には金属が含まれており、水道排水に流れると環境汚染の原因にもなります。
弊社が開発した特許取得製品オデトロン『型式GPM-1』は、分離器に取り付ける汚泥処理設備です。
オデトロンは、分離器から排出される汚泥を回収し、金属を分離して回収することができます。
これにより、スタッフの清掃・消毒作業を大幅に減らすことができます。
院内の空気環境を改善し、患者さんやスタッフの快適さや安全性を高められるでしょう。

快適性と便益を提供する設備への投資

歯科医院では、患者に快適性と便益を提供することが重要です。
そのためには、待合室や診療室の環境や雰囲気を整える設備投資が必要です。
また、診療室には、音楽や香りなどのアロマセラピーを取り入れることで、患者の不安やストレスを和らげることができます。
これらの設備投資は、患者の忠誠度とリピート率を高めるだけでなく、口コミやSNSなどの評判にも影響するでしょう。

時間とリソースの最適活用を支援する投資

歯科医院では、時間とリソースの最適活用を支援することが効率性と収益性につながります。
そのためには、業務効率化やコスト削減に寄与する設備投資が必要です。
例えば、治療計画やカルテ管理などの業務には、クラウドシステムやAI技術などのITソリューションを導入することで、作業時間や人件費を削減することができます。
歯科医院は現代のテクノロジーとリソース管理を活用し、効率性と収益性を向上させることができるでしょう。

歯医者での設備のご対応はお任せください!

ノート、電卓、ボールペン
以上、歯科医院で将来必要な設備投資についてお話ししました。
弊社は、埼玉県吉川市に拠点を構え、関東一円で歯科器具や歯科機材の販売・施工を行っています。
弊社が開発した特許取得製品オデトロン『型式GPM-1』は、分離器に取り付ける汚泥処理設備です。
オデトロンはこのような地球環境問題の観点だけでなく、院内の衛生面維持にも貢献いたします。
施工も容易で、すぐに環境改善に取り組むことが可能です。
オデトロンにご興味がございましたら、お電話またはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

汚泥除去ができる歯科金属回収器具なら埼玉県のJMS株式会社
JMS株式会社
〒343-0823
埼玉県越谷市相模町5丁目374
TEL:048-982-8450 FAX:048-973-7300


関連記事

約1ヶ月経過

約1ヶ月経過

設置してから早1ヶ月が経ちました。オデトロンの中身はというと、しっかりと溜まっているのがわかります& …

南砂町リタ・デンタルクリニック オデトロン取り付け

南砂町リタ・デンタルクリニック オデトロ…

先月の初め、昨年に開業されたばかりの南砂町リタ・デンタルクリニックへオデトロンの取り付けに行って来ま …

JMS株式会社の業務をご紹介します

JMS株式会社の業務をご紹介します

JMS株式会社は埼玉県吉川市を拠点に、関東一円で歯科器具・歯科器材の販売および設置業務を行なっており …

お問い合わせ